Line Up

Show More
unnamed.png

© 2014 by Sunset The MARINA Proudly created 

AKARiYA

感じた音と匂い、触れた優しさを、 自身と蝋燭の灯にとどめておくために制作をはじめる。 その灯火で、人の心の淵にあるようなささやかな喜びや 感謝といった記憶を照らす手段としてAKARiYAを立ち上げる。 この憂慮の時代に、会場装飾、ワークショップなど多岐に渡る経験を積み、 より強くAKARiYAのノスタルジアは灯る。

Go to link